きれいに刺青除去をする方法|クリニックで照射治療を受けよう

簡単に小顔になれる

女の人

小顔になれるエラボトックスは、施術の効果も分かりやすいだけに、症例写真やビデオで施術のイメージを掴むのも良い工夫です。エラボトックスに注意点もあります。ボトックス注射は医師の技術や知識が求められる点、エラボトックスの効果を維持するには、数ヶ月に1回再注入が必要な点です。

More Detail

レーザーよりも注射

鏡を見る婦人

最近は、シワ対策にレーザーではなく、注射を使用することが多くなってきました。ヒアルロン酸注射やアクアミド注射が人気です。しかし、美容整形クリニックは、信頼できるかどうかが重要です。色々調べて選ぶようにしましょう。

More Detail

タトゥーのない体になる

婦人

小さなタトゥーを消す

面積が大きなタトゥーを消すのは、決して簡単なことではありません。しかし、刺青除去の豊富な実績を持つ美容外科医に執刀してもらえば、キレイに消せる可能性が高くなります。刺青除去の方法は、レーザー治療と外科手術の2種類に大別することができます。最近人気を集めているのはレーザー治療による刺青除去ですが、タトゥーの大きさや色味によっては外科手術の方が適している場合があります。外科手術には切除法・植皮法・削皮法などの方法があります。体を切らずに刺青除去を済ませたいと望む人が多いですが、小さなタトゥーを消す場合は切除法による刺青除去手術が有効です。これはタトゥーが入っている部分の皮膚を切り取り、残った皮膚を寄せ集めて縫い縮める方法です。傷跡が残ってしまうのではないかと心配する人が多いですが、ごく小さなタトゥーの場合はレーザー治療よりもキレイに消せる可能性が高いです。

美容外科を利用する

大きなタトゥーをキレイに消したいと望んでいる場合は、皮膚科や形成外科ではなく、美容外科クリニックを利用した方がよいです。大きなタトゥーを消す場合は、まず皮膚を薄く削って全体的にタトゥーの色を薄くし、その上である程度の期間をおいて傷の治癒を待ち、状態が落ち着いてからレーザー照射を行うようにすると一番キレイに仕上がります。皮膚科や形成外科は保険診療がメインになっていますので、このように手間暇のかかる治療方法はあまり得意としていません。皮膚をザックリ切って縫い縮める方法か、レーザー照射を繰り返す方法がとられるケースが多いです。しかし、自由診療が中心の美容外科は、上述したような時間のかかる面倒な治療方法をとても得意にしています。また、削皮法による刺青除去はとても難しいのですが、この手術を日ごろから積極的に行っているのも美容外科です。ですから、できるだけキレイにタトゥーを消したいと望んでいる人は、美容外科クリニックを利用するのが一番です。

ほうれい線の解消や相場

女性

ほうれい線はそのままにしておくと、深くなってしまいます。実年齢より老けて見えるほうれい線は、ヒアルロン酸注射で解消するのがおすすめです。心斎橋にもヒアルロン酸注射を実施するクリニックは多いですが、保険適用外であるためクリニックによって値段が異なります。

More Detail